お歳暮やお中元を贈る際のマナー

category01

日本ではお世話になった人へ感謝の気持ちを込めて、お中元やお歳暮を贈る風習があります。

贈る相手としては会社の人の他に、中のいい友人や親類などへ贈る事が可能です。


あくまでも贈る人に決まりはなく、感謝の気持ちを伝えたい人やお世話になっている人であれば贈る事が出来ます。

お歳暮における問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

ただしお中元やお歳暮はマナーとして、一度贈ったらずっと贈り続ける物になります。

そのため1年だけ贈って翌年は贈らないというのは、逆に失礼になるので注意が必要です。


単純に1年お世話になったからとお歳暮を贈り、翌年は贈らないというわけにはいきません。
お世話になった感謝と同時に、翌年もよろしくという気持ちを込めた贈り物です。
贈るからにはずっと長い付き合いが続く事を意味しているので、贈らなくなると縁を切ると相手側に取られてしまう可能性もあります。


金銭面や長い付き合いになるかどうかも含めて贈る人をしっかり考える事も重要になります。ただしどうしても今後長い付き合いになるかどうかわからなくても、感謝の気持ちを伝えたいという場合もあります。その時は熨斗に御礼と書いたり無地熨斗を使用する方法もあります。この場合であればお歳暮ではなく単純に御礼の品という事になるので、継続的に贈る必要が無いので安心です。



このようにお歳暮やお中元には相手への感謝を伝えるだけでなく、今後も長い付き合いを望む意味も込められます。



手軽に贈る事ができるものではありますが、継続的に贈るというマナーをしっかり把握して相手を選ぶ事が重要といえます。

お歳暮の関連情報

category02

お世話になった人への贈り物に、お歳暮は日本に残っている風習になります。長い付き合いになる人へ感謝の気持ちと、来年もよろしくお願いしますという思い伝える事が出来ます。...

subpage

お歳暮のわかりやすい情報

category02

1年間の締めくくりにお世話になった人に感謝の気持ちを込めて贈るお歳暮ですが、一般的にお歳暮を贈る時期について詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。地域によって違うこともあり、早いところでは11月の末ぐらいから贈るところもありますが、基本的に12月の初めから20日ぐらいまでに贈る事になっているのが基本です。...

subpage

お歳暮のよく解る情報

category03

お歳暮を贈るときは、どれぐらいの金額のものを選べばいいのか迷ってしまう人もいるでしょうが、一般的には3、000円〜5、000円程度が相場だと言われています。あまり高すぎると相手に気を使わせてしまいますが、逆に安すぎると失礼になってしまうため、この3、000円〜5、000円程度というのが丁度バランスの取れた金額ということなのでしょう。...

subpage

お歳暮のみんなの常識

category04

年末の贈り物としてお歳暮があり、昔から日本にある風習です。1年お世話になった人に感謝の気持ちを込めて贈るものであり、本来であれば直接相手に手渡しで送るのがマナーになります。...

subpage