保育士の募集要項でチェックするポイント

category01

保育士の需要が高まっている今、至るところで募集されています。今やハローワークだけでなく、保育士専門の就職エージェントも増えてきており、インターネット上でも情報が得やすくなっています。



保育士と言っても、働く形態もいろいろあり、フルタイムの正規職員、パートタイム、嘱託や派遣など、自分がどんなスタイルで働きたいのか、しっかり見極める必要があります。

募集要項でチェックしておきたい点も、それによって変わってきます。



例えば結婚・出産した後も、継続して働きたい職場を探す場合、育児休業制度はあるのか、それをどのぐらいの確率で取得されているのかチェックする必要があります。

子どもの人数や職員の人数によって、保育園の規模を知ることができますし、一クラスの人数がどれぐらいか、なども働く上で知っておく必要があります。

募集要項を見て、働いてみたい!と思った場合は、見学の申し込みをします。

見学をさせてもらえない保育園は、まずあまりおすすめできません。

保育士の就職のココだけの話をしましょう。

職員の数が足りなくて見学者の案内ができないのだとしたら、規定の職員数を雇っていない問題がありますし、そもそも見せたくない何かがある可能性もあるかもしれないので、採用試験もやめておくのが無難です。

見学に行く場合、その場で責任者の方を話をさせてもらえるでしょうから、その時に聞きたいことも、メモしていくと良いでしょう。自分から質問をしたり、話をしたりする積極性も、責任者の方は見ておられますから、見学だからと気を抜かず、面接に行くのと変わらない気持ちで臨みましょう。

求人の常識

category02

保育士の転職の仕方にはコツがあり、そのコツをつかむと採用につながることが多いです。保育士の場合は、求人の数が多いので、一つの保育園ではなく、複数の保育園に申し込みをすれば採用の可能性が高まります。...

subpage

求人の特徴

category02

保育園で仕事をするには、子供が大好きなだけでなく、保育士の資格を取得する必要があります。しかも資格を取得するには、養成学校に通い保育に関する専門的な勉強を行うか、国家試験をパスするかしなければなりません。...

subpage

関連情報

category03

保育園に就職する理由は可愛くて無邪気な子供達と戯れる仕事がしたいことが一番の理由と言われています。子供は日本の未来を担う人材であり、人格形成にも影響を及ぼすので、こうした考えを持つ保育士が実際に現場で仕事をしてくれると非常に安心できます。...

subpage

よく解る情報

category04

保育士として働きたい場合には国家資格を有する事が条件となります。無資格でも「保育補助」という形で保育の仕事に携わる事が出来ますが、責任ある仕事はさせてもらえずにあくまでも他のスタッフの補助という形にはなるでしょう。...

subpage