お歳暮の金額相場について

お歳暮を贈るときは、どれぐらいの金額のものを選べばいいのか迷ってしまう人もいるでしょうが、一般的には3、000円〜5、000円程度が相場だと言われています。

あまり高すぎると相手に気を使わせてしまいますが、逆に安すぎると失礼になってしまうため、この3、000円〜5、000円程度というのが丁度バランスの取れた金額ということなのでしょう。
もちろん、どれぐらいの金額にするかは、自身の経済状態や気持ちによってそれぞれ決めればいいことなのですが、こうした金額相場は、迷った場合の目安にするとよいと言えます。お歳暮の相場は、先ほど紹介した通りですが、贈る相手によっても多少変わる場合があります。

お歳暮についての意見を伺いました。

まず、会社の上司やお得意様の場合は、やや高めの5、000円程度の金額設定にするケースが多いと言えるでしょう。



しかし、親や親戚などの身内や、友人の場合は、3、000円程度という安めの金額設定にするケースがよく見られます。
しかし遠方に住んでいる身内の場合は、普段あまり会えないからという理由で5、000円程度の高めのものを贈る人もいます。

また、特にお世話になった人だからということで1万円程度の贈り物をする人もいますが、お歳暮というのは、次の年に金額を下げるのは失礼とされるため、高額な贈り物は慎重に考えた上で行いましょう。


さらにお歳暮の相場は、贈る相手の年齢によっても差をつける場合があります。



一般的には、比較的若い30代以下の人は低めの金額設定にして、40代以上の人には高めのものを贈るというケースが多いと言えます。