お歳暮の贈る時期について

1年間の締めくくりにお世話になった人に感謝の気持ちを込めて贈るお歳暮ですが、一般的にお歳暮を贈る時期について詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。

地域によって違うこともあり、早いところでは11月の末ぐらいから贈るところもありますが、基本的に12月の初めから20日ぐらいまでに贈る事になっているのが基本です。

お歳暮を調べるならこのサイトです。

特に20日過ぎてしまうと、お正月の準備をする家庭がほとんどなので忙しくなってしまい、荷物を受け取る事が困難になってきます。



もちろん贈り物を贈るときは、時期をしっかり見極めることだけでなく、相手の方がしっかりと受け取れる日を考えて贈る事が大切です。


もしも日持ちのしない物などを贈ってしまった場合、不在であると相手が受け取る時には賞味期限の切れた物を渡す事になってしまい、感謝しているはずなのに失礼な事をしてしまい相手に不快感を与えてしまいます。



そのようにならない為にも。

お歳暮を贈るときは特に日持ちのしないものの時ほど気をつける事が重要です。


12月に入ってから忙しくて、お歳暮を贈るつもりをしていたのにもかかわらずタイミングを逃してしまった場合は、表書きをお年賀としてお正月の7日までに贈ることも可能です。
ただし喪中の人に贈る場合は、お年賀で贈るとどうしてもおめでたいという意味合いを持ってしまうので、7日以降に寒中御伺という形で贈る事が好ましいとされていますので、その点だけは注意した方が良いです。