お歳暮を通販で送る際の知っておくべきマナー

年末の贈り物としてお歳暮があり、昔から日本にある風習です。
1年お世話になった人に感謝の気持ちを込めて贈るものであり、本来であれば直接相手に手渡しで送るのがマナーになります。

お世話になった気持ちを込めるとともに、長い付き合いを望むという意味も含まれています。そのため一度だけの贈り物ではなく、一度贈ったらお歳暮自体は継続的に贈り続ける物です。

最近のお歳暮のサイトが登場しました。

金銭面や仕事上の付き合いが長く続くかどうかわからない場合は、安易に贈ってしまうと後で困る場合も出てきます。


贈る際はしっかり相手との関係性も踏まえて、贈るかどうかを決める事がポイントです。
お歳暮を贈る際は手渡しがマナーになりますが、どうしても忙しい場合や遠方に住んでいる人の場合は手渡しは難しくなります。
その場合は通販を利用して贈るのも、便利な贈り方の1つです。

ただし通販を利用する際の注意点として、いきなり商品だけを贈るというのはマナー違反となります。贈られた側にとっても突然物だけが贈られてくるのは失礼になるので、事前に送り状を贈るのがマナーとなります。



贈り物となるお歳暮に送り状を添付しても良いですが、できれば商品よりも先に送り状が届くように手配しておくのが良いです。


送り状の内容としては、お歳暮を贈った事を伝えると同時に日頃の感謝の気持ちを綴ります。


親しい間柄であれば堅苦しい文章にする必要は無く、普段と同じ手紙の感覚でも良いです。



ただし取引先や会社関係の人であれば、ビジネスマナーを守った文書にする事は基本となります。