渋谷で痛みと恐怖心のないインプラント治療を受ける

インプラント治療は噛み合わせを回復するための治療で、安定感のある噛み心地を回復できることから人気となる一方で、治療の過程において、人工の歯根を埋め込むための外科治療が必要なことから、患者の治療に対する恐怖をどうするかということが課題となっていました。
渋谷の歯科クリニックにおいてはこの患者の恐怖心を解決する治療方法に取り組んでいます。

渋谷のインプラントの情報が更新されています。

従来であれば、人工の歯根を埋め込むための外科治療のときには局所麻酔を使用していました。

それにより、治療している間に痛みを感じることはありません。
しかし、意識はあるので治療中に発生する音などは患者は認識します。

渋谷の歯科においては音などの恐怖心も解決する方法を導入しており、患者が眠っている間に治療を終えます。


これは全身麻酔ではなく、麻酔の成分により睡眠状態として治療をするものです。



もちろん、治療可能であるかどうかを事前に検査します。検査の結果、治療可能と判断されて行うので安全性も高いことが特徴です。


インプラント治療における人工の歯根の埋め込み治療は一日で終えることができます。



渋谷の歯科においても、治療をしたその日に帰ることができますが、麻酔の作用が残っている可能性があることから、治療をした日については自動車の運転を避けることが大事です。

インプラント治療における悩みの一つである治療における恐怖心を取り除くことができる治療法であれば、治療を終えたあとの心地よい噛み心地をイメージしながら治療に対するプレッシャーを最小限とすることができます。