保育士の採用について

保育士として働きたい場合には国家資格を有する事が条件となります。無資格でも「保育補助」という形で保育の仕事に携わる事が出来ますが、責任ある仕事はさせてもらえずにあくまでも他のスタッフの補助という形にはなるでしょう。

保育士の就職についての意見を伺いました。

保育士の採用試験には公立と私立の保育所では募集の仕方が異なります。
公立の場合には公務員試験を受けて合格する事が必要です。また、私立の保育所の場合には単独でホームページで募集をかけていたり、保育関係の学校に求人を出しているケースもあります。



また、保育士と言っても活躍できる場は保育所だけではなく、企業の託児所や病院、アミューズメント施設でのスタッフ兼保育士として子供と一緒に遊ぶ施設など様々です。


採用に関しては独自に基準を設けている事で未経験でも保育士資格があれば可能としている所もあります。低年齢児を相手にしている家庭保育所もあれば縦割り保育をしている託児所勤務など、それぞれの保育の仕方にも特長があるのでどの職場になっても経験値として今後に役に立つでしょう。特に人員が圧倒的に不足している業界な為、これからもワーキングマザーの増加に伴い、求人は増える傾向にはあるでしょう。
採用においても雇用形態が多様化しており、ライフスタイルに合わせた働き方が出来る点は魅力的でしょう。
また年齢を選ばない事もあり、場合によっては年齢によって経験値が高いと条件で有利になる事があるでしょう。
特に資格は取得していて未経験であっても子育てを経験している人には強みになる事もあり、何歳からでもチャレンジできる職種とも言えるでしょう。